座長

 

2009年[小さな王子とよだかの星]
鳥捕り役を演じる座長

【座長ご挨拶】

 

劇団真怪魚は、かつて武蔵野で演劇活動をしていた仲間達と再会したのをきっかけに20年ぶりに復活させた劇団です。

当時若かったメンバーも気がつけばオジサン、オバサン達。しかし、私達はその20年の歳月を漠然と生きていたわけではありません。深い海に潜む深海魚のように目立たず静かにしながらも演劇、映画制作に関するあらゆるスキルを磨き、復活の時を待ちわびながら力を蓄えていたのであります。(多分)

そして2008年1月、ついに浮上の時が訪れました。

深海に長くいたのでマコトに奇妙で怪しげな魚になったというわけで『真怪魚』と命名し、劇団を創設しました。

2009年12月に狛江市のプッシュプルホールにてオリジナル舞台作品「小さな王子とよだかの星」を旗揚げ公演。

2010年12月には調布グリーン小ホールにて第2回公演「小さな王子とよだかの星」特別編を満席大盛況で終えることが出来ました。

その後、拠点を武蔵野から調布に移し、新たに若い劇団研究生達も加わりパワーアップして再出発。

2013年12月には調布緑ケ丘福祉センター大ホールにて第3回クリスマスパフォーマンス公演「ういろう売りとダルマ空手」も大成功で終えることが出来ました。

現在、新作の公演(2014年1月26日第4回、5月5日第5回公演予定)に向けて団員、研究生が一丸となって稽古に
全力投入しております。

劇団真怪魚は『泣いて笑って感動する』舞台を目指して、ご家族みんなで鑑賞していただける作品作りに
取り組んでいます。私達の舞台を見て、「生きる希望と勇気が湧いてきた」「きっと明日は素晴らしい」
と思って頂けたらこれほど嬉しい事はありません。

どうかこれからも皆様のご理解とご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

真崎明

 

真崎

 

2012年[ういろう売りとだるま空手]
空手の演武を披露する座長

【座長ご挨拶】

 

宮崎生まれの鹿児島・熊本育ち。

14歳で初の自主制作映画「The Fight」で監督・脚本・主演をこなす。この頃から舞台脚本も書くようになり「ロッキー」「贈る言葉」「黒い太陽」など次々と演劇公演を展開してゆく。高校時代には「白い巨塔」山本薩夫監督と出会い影響を受ける。

18歳で上京、東京写真専門学校映画芸術科に入学するが一年で中退、健康産業界でサラリーマンをやりながら劇団を設立。時代劇から現代劇、ミュージカルまで幅広く作品を発表し関東各地での公演は30回を上回り観客は述べ二万人を動員した。

1990年映像界に進出するため脱サラして劇団も解散、俳優と脚本業を中心とするが苦難が続く。

下積み時代にはパン職人、ホテルマン、ガードマン、広告代理店の営業マン、土方、解体屋、農業、漁師など様々な、職業を経験する。

映像界では映画「7人の侍」の黒澤明監督との出会いを皮切りに「誘拐報道」の伊藤俊也監督・ゴジラの本多猪四郎監督・田中友幸プロデューサー・田所龍一プロデューサーに師事、脚本や映画作りなどの指導を受ける。

1993年ドラマ「カラスたちの詩」を自主制作、1994年タバコの問題を扱ったアニメ「桜木家の人々」の原作脚本を担当、話題となりNHKでも取り上げられ現在も教育の現場で活用されている。

1995年メディアエイトの専属監督となる。1996年世界的空手家のドキュメント「大山倍達の遺言」を演出、高い評価を受ける。次作となった「極真世界制覇バイブル」は格闘技映像作品として初の全国ビデオレンタル率7位となりメディアでも話題となる。以降ドキュメントからドラマまで100本を越える映像作品を監督する。

2008年劇団真怪魚を設立、座長となり舞台活動を復活。2010年にサン=テグジュペリと宮澤賢治の融合「小さな王子とよだかの星」オリジナル作品を調布グリーンホールにて公演満席御礼、大盛況となる。

幼少より剣道・柔道を学び17歳で極真空手の世界チャンピオン中村誠の弟子となる。以降空手を中心に中国武術の意拳・陳氏太極拳や示現流兵法なども学び古武術武道にも造詣が深い。(劇団の基本稽古にも取り入れている)

20代で取得した整体技術(日本カイロプラクティック)を生かして「だるま堂療術院」を2011年に開院、院長を務める。

調布を活動の拠点とし芸術・武道・健康の三本柱に若者の育成にも力を注いでいる。

最近では小説「命の恩人 大山倍達」蕗書房(前田達雄共著)を執筆し、出版された。小説以外も劇画原作や随筆なども良く手掛ける。

現在2014年1月に公演される最新作「銀河鉄道に乗ったサギ」の舞台制作に取り組んでいる。

【出演作品】

おしん ゴレンジャー 十津川警部 どチンピラ ゴジラ対キングギドラ 人生劇場 他

【舞台脚本演出作品]

ロッキー 贈る言葉 クリスマスキャロル となりの愛 坂本龍馬三部作
小さな王子とよだかの星 他

【映像作品】

大山倍達の遺言 大山倍達に帰れ 極真世界制覇バイブル 一撃のドラゴン カラテキッズ この技で勝ちをねらえ 弾丸ファイター木山仁 組手の達人 世界二連覇中村誠 キョクシンウオリャーズ カラスたちの詩 桜木家の人々 他

【執筆作品】

命の恩人 大山倍達 ゴッドハンド 一撃の兵法 一撃の竜(劇画原作)

(文 仙川新一)

;